スポンサーサイト スポンサー広告 --_--  .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王戦第4局について c0 t0 将棋 28_Sun  .

ジャーナルで屋敷先生が、最後78銀打のところ78金の方が際どかったんじゃないかと言ってて、

以下同金同銀成97玉でちょっと足りないけど。とのことだったんですが、それは79角以下先手玉が詰みます。

78金に逃げる手は負けそうとのことでしたが、79金取った形が詰めろにならないのでそれは先手勝ちそうなんじゃないかと思って観戦してました。

しかし今見ると78金98玉には86桂がありますか。
同銀は88金打以下詰みで、同歩には79金が詰めろになります。
97玉には95歩が部分的には必至の形。64金~81竜から飛車を抜く筋もあるので簡単ではありませんが、ちょっと先手が足りない気がします。

戻って86桂同歩79金に64金(or63金)83玉を決めてから87桂(or75桂同歩87桂)か、単に87桂か。
あと71竜は他の変化でもありそうで、応手が悩ましい手です。でもちょっと先手足りなそうかなあと。

ということは78金ならまだ後手が残してたのでしょうか。でもたぶんどこか読みぬけてるとは思います。

せっかく考えたんで、記録に残しときます。
スポンサーサイト

この人とブロともになる

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。