スポンサーサイト --/--/-- .

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展開地 c0 t0 2012/04/02 .


最近詰将棋の話ばかりだったので、たまには指将棋の記事をと思い、今回は天下一の棋譜でも晒そうかなと思います。

相手は天帝の中でも超強豪の一人です。

※序盤は適当です





ねじり合いになるとボロが出るので、常に踏み込む手を心がけました。

強豪に一発入れるときはいつもこのパターンです。

どっちが勝ち? c0 t0 2012/03/20 .


2011年12月号の将棋世界「内藤國雄九段からの挑戦状」は後手勝ちの結論になってるけど、先手33金じゃなくて25桂だとどうするんだろう?


テンプレートを変えてみた。画像と文章も真ん中に来るようにしてみたけどどうでしょうか。読みづらいかなあ。



前回の詰将棋の解答は右の"more"をクリック

- more -

竜王戦第4局について c0 t0 2010/11/28 .

ジャーナルで屋敷先生が、最後78銀打のところ78金の方が際どかったんじゃないかと言ってて、

以下同金同銀成97玉でちょっと足りないけど。とのことだったんですが、それは79角以下先手玉が詰みます。

78金に逃げる手は負けそうとのことでしたが、79金取った形が詰めろにならないのでそれは先手勝ちそうなんじゃないかと思って観戦してました。

しかし今見ると78金98玉には86桂がありますか。
同銀は88金打以下詰みで、同歩には79金が詰めろになります。
97玉には95歩が部分的には必至の形。64金~81竜から飛車を抜く筋もあるので簡単ではありませんが、ちょっと先手が足りない気がします。

戻って86桂同歩79金に64金(or63金)83玉を決めてから87桂(or75桂同歩87桂)か、単に87桂か。
あと71竜は他の変化でもありそうで、応手が悩ましい手です。でもちょっと先手足りなそうかなあと。

ということは78金ならまだ後手が残してたのでしょうか。でもたぶんどこか読みぬけてるとは思います。

せっかく考えたんで、記録に残しときます。

かくして僕は一発入れた c0 t0 2010/07/27 .

対SG戦

先手:A氏
後手:○

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀
▲4八銀 △3三銀 ▲7七銀 △4二飛 ▲6八玉 △6二玉
▲7八玉 △7二玉 ▲5八金右 △8二玉 ▲4六歩 △5二金左
▲4七銀 △2二飛 ▲2五歩 △9二香 ▲8八玉 △9一玉
▲7八金 △8二銀 ▲9六歩 △7一金 ▲9五歩 △4四銀
▲3六歩 △6二金寄 ▲6八金右 △5五銀 ▲5六歩 △4四銀
▲6六角 △7四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲3七桂 △7三金
▲9八香 △6四金 ▲4五歩 △3三銀 ▲9九玉 △7二飛
▲5七角 △7五歩 ▲同 歩 △同 金 ▲3五歩 △6四角
▲4六角 △同 角 ▲同 銀 △3五歩 ▲2四歩 △同 歩
▲4四歩 △同 歩 ▲7六歩 △同 金 ▲同 銀 △同 飛
▲6五角 △7二飛 ▲9四歩 △同 歩 ▲7四金 △5四銀
▲8三金 △6五銀

まで74手で後手の勝ち

1日目居飛車指して全然ダメだったのと、A氏は相居飛車よりは対振りの方が苦手とのことなので(というか相居飛車が強すぎる)レグることにしました。

55銀は思いつきですが、56銀上がられなかったんで指してみました。
66角打ってもらえるなら、まあまあでしょうか。
64金も薄くなるんでどうかと思いましたが、72飛回ったところは結構やれる気がしました。
45歩つかないで99玉なら65金~35歩の予定でしたが、一歩交換しても飛車回れないと金出がスカりそうであまり自信はありませんでした。

その後64角に27飛とか辛抱されてもよく分からなかったですが、指す気しないですかね。
44歩~76歩は見えてなかったんですが(早めに76歩押さえといたほうが良かったか)、21角成なら36歩から桂取って、76桂とか59角を絡める感じで何とかなりそうでしょうか。

最後は時間切れだったんですが、実力差を考えると72金同金34歩とされたら勝ちきれたかどうか。


対上昇会戦

先手:○
後手:I氏

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲2二角成 △同 銀
▲7七銀 △7二銀 ▲6八飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉
▲3八玉 △1四歩 ▲2八玉 △2四歩 ▲5八金左 △2三銀
▲8八飛 △3三桂 ▲8六歩 △2二玉 ▲1八香 △3二金
▲1九玉 △6四歩 ▲2八銀 △6三銀 ▲6六銀 △5二金
▲3九金 △1五歩 ▲4八金寄 △9四歩 ▲9六歩 △4二金右
▲3八金寄 △7四歩 ▲7七桂 △5四角 ▲8七角 △4五角
▲6八飛 △7三桂 ▲4六歩 △5四角 ▲5五銀 △8五歩
▲5四銀 △同 歩 ▲8五桂 △同 桂 ▲同 歩 △同 飛
▲8八歩 △8六歩 ▲6九角 △6五桂 ▲4七金 △8七歩成
▲同 歩 △7七桂成 ▲3八飛 △6八銀 ▲5八角 △5九銀成
▲4八金引 △5八成銀 ▲同 金 △8七飛成 ▲3六歩 △8八龍
▲3五歩 △2五桂 ▲3四歩 △3七歩 ▲同 桂 △1七桂成
▲同 香 △1六歩 ▲同 香 △同 香 ▲1七歩 △3五香
▲3三銀 △3一玉 ▲4五桂打 △3七香成 ▲4二銀成 △同 玉
▲5三角 △5二玉 ▲6二金

まで93手で先手の勝ち

一回戦に味をしめてまたレグスペ(2回戦は76歩34歩75歩だったのでできませんでした)
85歩突かれなかったので86歩~66銀~77桂を目指しました。
角を打ち合うのはこの戦型の相場かと思いましたが、相手によれば77桂は無理で、
角銀交換でも85飛と捌かれた局面はこちらが悪いようです。
86歩から65桂は具体的に良くしに来た手で困ったかと思いましたが、長考して47金をひねり出しました。
自ら薄くする上に角道を止めてしまうので部分的にはありえない手ですが、角を犠牲にしても38飛から35歩まで回れば勝負になると見ました。
実戦も35歩に同歩なら一歩しかないので大変だと思ってたのですが、25桂だったので、いっぺんに良くなって最後は即詰みに討ち取りました。
形勢判断の大らかさが今回は幸いしたようです。


段太鼓人選 c4 t0 2009/10/02 .

戦型:レグスペ
先手:○
後手:W部氏

▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲6八銀 △8四歩
▲7七銀 △4二玉 ▲8八飛 △4五角 ▲3六角 △6七角成
▲5八金右
*右か左か迷ってこっちに
△3五歩 ▲6七金
*63角成だと34馬で良く分からない
△3六歩 ▲同 歩 △7二銀 ▲3八飛 △6四歩 ▲4八銀
△6三銀 ▲4六歩 △3二金 ▲4七銀 △7四歩 ▲3五歩
△5二金 ▲7八金 △8五歩 ▲6八玉 △5四銀 ▲7九玉
△1四歩 ▲1六歩 △4四歩 ▲5六歩 △6五歩
*ここまで進んでみるとあんまり良くなかったかもしれない。33銀上がってないと3筋がそれほど後手のキズになってないのかも
▲8八玉 △6二飛 ▲3七桂 △2四歩 ▲2六歩 △9四歩
▲3六銀 △3一玉
*ここから秒読み
▲4五歩 △同 歩 ▲同 桂
*どうせなら25歩も入れておくべきだったか
△6四角 ▲3四歩
*相手に55歩同角58飛を指摘されたが、確かにそっちの方が良かったかも
△4四歩 ▲3三歩成 △同 桂 ▲同桂成 △同 銀 ▲5五桂
*いい手じゃないかも知れないけど、実はこういうつかみどころのない手が好きなんです。
△7五歩
*これは手抜くんだったか
▲同 歩 △同 角 ▲3五銀 △3七歩 ▲同 飛 △4八角成
▲3四歩 △2二銀 ▲6三歩 △8二飛
*相手に36飛を指摘されたが、45銀で攻めきる自信がなかった
▲1七飛 △8六歩 ▲同 歩 △8七歩 ▲9八玉 △7四桂
▲6四角 △7三歩 ▲4四銀 △2六馬 ▲4七飛 △4五歩
▲3三歩成
*銀で行くべきだったか
△4四馬 ▲3四歩 △3三銀 ▲同歩成 △同 馬
*意外な手。同金なら困ってたような
▲7一銀 △9二飛 ▲6二歩成 △4二金右
*ここら辺で割り打ちを避けつつ37飛だったか
▲4三歩 △同 銀 ▲6三と △5八銀 ▲5三と
*秒読みなので勢いまかせで
△4七銀不成▲4二と △同 金 ▲5三金 △3八飛 ▲4八歩
△3二銀
*見落とした。ここは駄目そう
▲3四歩 △同飛成 ▲4二金 △同 飛 ▲同角成 △同 馬
▲8二飛 △3八龍
*危ない手でチャンス到来
▲2三歩 △5二歩 ▲2二金 △4一玉 ▲6二銀成 △5四角
▲6三桂成 △同 角 ▲同成銀 △7一金 ▲8五飛成 △4三銀
▲6八金引 △5六銀不成▲8七玉 △5四銀 ▲6四歩 △3九龍
▲9八玉 △6三銀 ▲同歩成 △9三桂 ▲7六龍 △8八歩
*恥ずかしながらこれを同銀と取れると思っていた
▲同 金 △8七歩 ▲7八金左 △6六桂打 ▲7九歩
*ここではまだ勝っているかと思ったのだが・・・
△7五銀 ▲同 龍 △7八桂成
*先に取れるのをウッカリ
▲同 金 △7五馬
*相手はここで43銀と打たれて負けだと思ってたそうだが、88飛以下詰んでしまう
▲6四角 △同 馬 ▲同 と △8六桂 ▲8七玉 △7八桂成
▲3二銀 △5一玉 ▲6三桂 △6一玉
*ここで83角は72金で詰まない
*
*しかしそれで71桂成だったか。51玉で負けだけど、取ってくれたら72角成以下トン死する
▲7一桂成 △同 玉 ▲4四角 △5三桂 ▲7八玉 △6七角

まで160手で後手の勝ち


戦型:33角戦法
先手:E氏
後手:○

▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △3三角  ▲2五歩  △2二飛  
▲4八銀  △4二銀  ▲6八玉  △6二玉  ▲7八玉  △7二玉  
▲5八金右 △8二玉  ▲3六歩  △7二銀  ▲1六歩  △9四歩  
▲9六歩  △5四歩  ▲3七銀  △5三銀  ▲4六銀  △8八角成 
▲同 銀  △4四銀  ▲7七銀  △1四歩  ▲8八玉  △3三桂  
▲7八金  △2一飛  ▲6八金右 △4二金  ▲6六歩  △5五銀  
▲3七銀  △7四歩  ▲8六歩  △8四歩  ▲8七玉  △8三銀  
▲5六歩  △6四銀  ▲4六銀  △7二金  ▲3七桂  △4四歩  
▲2六飛  △7三桂  ▲3五歩  △同 歩  ▲同 銀  △5九角  
▲3六飛  △4八角成 ▲4四銀  △4七馬  ▲3四飛  △3二歩  
▲4三歩  △5六馬  ▲3五飛  △5三金  ▲同銀成  △同 銀  
▲4二歩成 △同 銀  ▲5七金打 △5五馬  ▲3四歩  △4四馬  
▲3六飛  △3五銀  ▲3三歩成 △同 歩  ▲1七角  △3四歩  
▲3五角  △同 歩  
 まで、80手で後手勝ち

※最後は切れ負け。30秒から20秒になったのに気づかなかったらしい。まだ難しいと思っていたが、相手は悲観していたようだ。


この人とブロともになる

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。